読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不登校の小学生や中学生、高校生が通える学校を紹介!

通信制高校・サポート校・フリースクール・技能連携校・高等専修学校などの学校情報を発信しています。

受験の英語を超えた本物の英語を身につける 「リーディング オーシャンズ」

「リーディング オーシャンズ」指導と管理について

 

f:id:Manabi_Link:20160216143140j:plain

多読、多聴指導の最大のポイント!

① 授業内読書

授業の一部に多読を取り入れること= 成功している学校の最大の共通点

A. 1回の授業すべて B. 毎回授業の10分間読書 C. ホームルーム

D. 朝読書 E. 昼休み F. 放課後

生徒の自主性に任せず、教師が関わって継続的に続けることが大切。

何らかの形で評価に入れる → 生徒に持続性と習慣づけを行うことが 長く続けるポイントです。(読書時間、読書ワード数、クイズの点数など)

② 自分のレベルに合った、辞書なしでも読める易しい本をたくさん読ませる。

特に初期段階では、学習者のレベルより易しい本を集中的に読むように 指導して下さい。(2ヶ月で易しい本100冊)

※とかく学習者は、自分のレベルより上の本を選ぶ傾向があります。
※なぜ易しい本を読むのかしっかりと指導して下さい。


管理のポイント!

「リーディング オーシャンズ」では、学習履歴が自動的に管理サイトに記録される。

管理を先生方が行う必要がないことが特徴です。


先生方にとっての最大の課題は?

1. 多読、多聴をいかに継続させることが出来るか?

2. 学習者のモチベーションをいかに持続させるか?

・ 多読、多聴学習の効果を上げるためには?

・ クラス単位、学年単位、「前月」VS「今月」の読書レポート

・ 平常点に加えるなど、最小限のタスクとフィードバック

・ 学年やクラスなど、読書 総語数の上位者を定期的に表彰

・ ご父兄、保護者様への定期的なフィードバックも有効

・ 校内の定期的な中間、期末テストや外部テスト(英検、TOEICTOEFLなど)で、 多読の達成度を確認することも学習者のモチベーションに繋がります。

※実践校の報告では、当然ながら読書量と点数は比例することが確認されています。

新サービス「リーディング オーシャンズ」
詳しい情報はこちら http://ro.manabilink.co.jp/